ASCIIまたはJISコード番号に変換するCHAR関数

CHAR関数で数値をASCIIまたはJISコード対応の文字に

CHAR 関数は、文字コードを表す数値をASCII またはJIS に対応する文字に変換することができます。またCHAR関数を使うと、文字列を結合する際に任意の位置に改行をいれることができます。
Excelバージョン:ALL20132010200720032002 2000

CHAR(キャラクター)関数

CHAR関数は、数値で指定された文字を返します。
数値とは、ASCII番号またはJISコード番号です。 当然引数は、数値のみ。

CHAR関数の書式 文字列関数

書式CHAR(数値)

CHAR関数の書式

CHAR関数の基本的な使い方

CHAR関数は、文字コードを表す数値を引数に指定して利用します。
CHAR関数使い方

CHAR関数の使い道、改行をいれる

普段あまり使わないCHAR関数ですが、 CHAR関数があることで非常に助かることがあります。
それは、文字列を結合するときに、任意の位置で途中で改行をいれるのに利用できることです。
ただしセルの書式設定で折り返して全体を表示にしておきます。
CHAR関数使い方2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ