CONCATENATEで文字の連結 文字列関数

CONCATENATE関数 文字列関数

CONCATENATE 関数は複数の文字列を結合して、ひとつのセルに表示します。
引数の文字列には、文字列や数値、または文字列を含むセル参照を指定します。 Excelバージョン:ALL20132010200720032002 2000

CONCATENATE関数

CONCATENATE 関数は、複数の文字列を結合して 1 つの文字列にまとめます。この関数は、引数に指定したすべての文字列を順番に表示します。 また、引数の文字列には、最大で 255 個の項目、合計 8,192 文字を指定できます。Excel2003以前では、CONCATENATE関数の引数文字列の指定数は、30個までです。

CONCATENATE関数の書式 文字列関数

書式CONCATENATE(文字列 1, [文字列 2], ...)

CONCATENATE関数の書式

CONCATENATE関数の使い方

使い方になります。
書式 CONCATENATE(文字列 1, [文字列 2], ...)

なので、以下のようにセルだけを指定する使い方や、
=concatenate(A1,A2, ...)
CONCATENATE関数の使い方
=concatenate(A3,"さんと",A4,"さんが行きます。", ...)
のように、セルと文字列を混在させて指定することができます。
文字列項目を結合するのに、CONCATENATE 関数ではなく計算演算子のアンパサンド (&) をかわりに使用することもできます。
CONCATENATE関数の使い方2
CONCATENATE 関数の用例
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ