DOLLAR関数、YEN関数

通貨記号に対応した文字列に変換する関数
関数

リンクユニット


DOLLAR関数、YEN関数

DOLLAR関数、YEN関数 文字列関数

DOLLAR関数、YEN 関数は指定の桁数で四捨五入し数値を通貨書式の文字列にする関数です。
Excelバージョン:ALL20162000

DOLLAR関数、YEN関数


DOLLAR関数、YEN関数の書式 文字列関数

書式DOLLAR、YEN(数値,桁数)

DOLLAR関数、YEN関数の書式

DOLLAR関数、YEN関数の使い方

DOLLAR関数を使って数値を$表示の文字列に変換します。
DOLLAR関数、YEN関数の使い方
C3セルを選択して「=DOLLAR(」と入力します。続いて、数値とするB3セルを選択します。次に、カンマを入れ、四捨五入する桁数をここでは小数点第1位にしたいので、0と入力します。
DOLLAR関数、YEN関数の使い方2
数値の小数点第1位が四捨五入され、ドル単位になった金額が表示されました。

DOLLAR関数、YEN関数の使い方3
戻り値は文字列となります。

DOLLAR関数、YEN関数の使い方4
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ