ある数値に対する双曲線逆正弦を求める

ASINH関数数値に対する双曲線逆正弦(ハイパーボリック・アーク・サイン)を求める
ASINH

リンクユニット


ASINH(ハイパーボリックアークサイン)関数 数学と三角関数

ASINH(ハイパーボリックアークサイン)関数

ASINH(ハイパーボリックアークサイン)関数は、SHIN関数の逆関数で、数学と三角関数の仲間の関数です。
Excelバージョン:Excel2016201320102007200320022000

ASINH(ハイパーボリックアークサイン)関数

ASINH(ハイパーボリックアークサイン)関数は、ある数値に対する双曲線逆正弦(ハイパーボリック・アーク・サイン)を求める関数です。双曲線逆正弦とは、双曲線正弦を求めたときに、その数値を得ることができる値のことを言います。

ASINH関数の書式 数学と三角関数

書式ASINH(ハイパーボリックアークサイン)(数値)

ASINH(ハイパーボリックアークサイン)関数の書式

ASINH(ハイパーボリックアークサイン)関数の使い方

B列に入力した双曲線正弦の値から、対応する双曲線逆正弦ASINH(ハイパーボリックアークサイン)を求めます。
ASINH(ハイパーボリックアークサイン)関数の使い方
ASINH(ハイパーボリックアークサイン)関数を使うには、直接入力するか、関数ライブラリの数学/三角ボタンからをASINH(ハイパーボリックアークサイン)選択します。
ASINH(ハイパーボリックアークサイン)関数の使い方
ASINH(ハイパーボリックアークサイン)関数の引数ダイアログが表示されたら、引数の数値としてB3セルを指定します。
ASINH(ハイパーボリックアークサイン)関数の使い方2
双曲線正弦から双曲線逆正弦が求められました。
ASINH(ハイパーボリックアークサイン)関数の使い方3
残りの値を出すために、数式をオートフィルでコピーしましょう。
ASINH(ハイパーボリックアークサイン)関数の使い方4
今度は得られた値を視覚化するためにグラフを挿入します。

ASINH(ハイパーボリックアークサイン)関数の使い方5
グラフは以下の様な形状となりました。
ASINH(ハイパーボリックアークサイン)関数の使い方5
おすすめコンテンツ