PERCENTRANK.EXC関数

PERCENTRANK.EXC(パーセンタイルイーエクスシー)関数
関数

リンクユニット


データ全体における順位を百分率で求める

PERCENTRANK.EXC関数 統計関数

Excel2010で追加されたPERCENTRANK.EXC 関数は、指定した数値が、対象データ全体の中で、 上位から百分率で何パーセントの位置にあるかを O より大きく1より小さい数値で返します。 つまり100%の中で0%と100%を除いた範囲です。 ただし、「百分率」とはいっても、パーセントの表示形式を設定していないセルでは、PERCENTRANK.EXC関数の戻り値は単に小数で表されます。 0.2ならば20%ということになります。 Excelバージョン:Excel2010 2013 2016

PERCENTRANK.EXC関数

PERCENTRANK.EXC 関数は O より大きく、1未満の百分率で求められます。
Excel2007以前では、PERCENTRANK関数とPERCENTRANK.INC 関数を使用して、百分率の順位を、0以上1以下の数値で返しました。 PERCENTRANK.EXC関数との違いは、どちらも百分率の順位とは言え、PERCENTRANK関数とPERCENTRANK.INC 関数は、100%の中で0%と100%を含むという点です。

PERCENTRANK.EXC関数の書式 統計関数

書式PERCENTRANK.EXC(配列,x,有効桁数)

PERCENTRANK.EXC関数の書式

PERCENTRANK.EXC関数の使い方

PERCENTRANK.EXC 関数を使って、 みましょう。PERCENTRANK.EXC 関数を使うには、直接数式バーに入力するか、 関数の挿入ボタンをクリックするか、 リボンの数式タブにある関数ライブラリボタンの統計関数からPERCENTRANK.EXCを探します。
ここでは、関数の挿入ボタンをクリックしました。 関数の挿入ダイアログが現れるので、関数の分類で統計を選択します。 そして関数名からPERCENTRANK.EXC関数を探します。
PERCENTRANK.EXC関数の使い方
関数の引数ダイアログが表示されたら、引数配列に対象となるデータ範囲を指定します。
PERCENTRANK.EXC関数の使い方2
引数Xには、データの中での順位を求めたい数値を指定します。
有効桁数は、例では2とし小数点第2位まで表示したいと思います。
PERCENTRANK.EXC関数の使い方3
OKをクリックして関数の引数ダイアログボックスを閉じます。
シートに戻ると、数式が入力されていますので、F4キーでデータ範囲を絶対参照に変更します。
PERCENTRANK.EXC関数の使い方4
数式をコピーして得点が全体の何%の位置にあるかを調べる事ができました。 このようにPERCENTRANK.EXC関数は、配列の値を小さい順に並べたときに、値がどの位置にあるのかを百分率で返します。
100%の中で0%と100%を除いた範囲の値が返されます。
PERCENTRANK.EXC関数の使い方5
例では%の表示形式を設定していないので、PERCENTRANK.EXC関数の戻り値は単に小数で表されています。 必要に応じて%の表示形式に変更してください。
PERCENTRANK.EXC関数の使い方6
おすすめコンテンツ