BETA.DIST関数(ベータ・ディストリビューション)

BETA.DIST関数 統計関数

BETA.DIST 関数はベータ分布関数の値を求める関数です。 BETA.DIST関数は従来のBETADIST関数の名前を変更したものですが、機能強化として、引数が1つ追加されています。
Excelバージョン:20132010
Excel2007では、BETADIST関数を利用します。BETADIST関数は、Excel2010以降では互換性関数に分類されています。

BETA.DIST関数

BETA.DIST 関数はベータ分布関数の値を求めます。ベータ分布は、複数の標本を対象に割合の変化などを調べる場合に利用します。

BETA.DIST関数の書式 統計関数

書式BETA.DIST(x,α,β,関数形式,[A],[B])

BETA.DIST関数の書式
引数:x ベータ分布関数に代入する確率変数の値を数値または、数値の入力されたセルの参照を指定する。
引数:α、β それぞれ、ベータ分布のパラメータの値を数値または、数値の入ったセルを指定する。
引数:関数形式 関数の形式をTRUEまたはFALSEの論理値として指定。TRUEを指定した場合 は累積分布関数として、FALSEを指定した場合は確率密度関数として値が求められる。
引数:A xの区間の下限を数値で指定。省略した場合は、0を指定したとみなされる。
引数:B xの区間の上限を数値で指定。省略した場合は、1を指定したとみなされる。

BETA.DIST関数の使い方

BETA.DIST 関数を使って、 みましょう。
BETA.DIST関数の使い方
BETA.DIST 関数を使うには、直接数式バーに入力するか、 関数の挿入ボタンをクリックするか、 リボンの数式タブにある関数ライブラリボタンの統計関数からBETA.DISTを探します。
BETA.DIST関数の使い方2
関数の引数ダイアログが表示されたら、引数x,α,β,関数形式,[A],[B]にそれぞれの数値を指定します。
入力します。
BETA.DIST関数の使い方3
引数を直接入力するか、それぞれが入力されたセルを指定します。
BETA.DIST関数の使い方4
BETA.DIST 関数は、引数が多いので、最後の引数Bを入力する時は、 スクロールバーでスクロールして引数の入力欄を表示します。
BETA.DIST関数の使い方5
BETA.DIST 関数の数式が入力されました。
=BETA.DIST(A3,B3,C3,C5,D3,E3)
BETA.DIST関数の使い方6
引数関数形式をFALSEにすると、確率密度関数として値を返します。
BETA.DIST関数の使い方7
Excel2007では、BETADIST関数を利用しますが、互換関数になっているので、Excel2013,2010でも利用できます。
BETA.DIST関数の使い方7
スポンサーリンク
スポンサーリンク