回帰曲線の切片を求める

INTERCEPT関数 統計関数

INTERCEPT 関数は、二変量の統計を行う関数です。
二変量統計とは、値のグループを2つ指定して、その2つのグループの関係について統計的な分析を行います。 Excelバージョン:ALL20132000

INTERCEPT関数

INTERCEPT 関数は、二変量統計の中で、回帰曲線を利用した予測に関連する関数で、 直線的に増加または減少すると考えられる二変数を指定して、x=0 のときのyの値を求めます。
回帰曲線の回帰式は、y=a+bx です。切片aは、x=0 のときのy の値です。INTERCEPT関数を使用すると、指定した二変数のデータから、 この切片を求める事ができるのです。

INTERCEPT関数の書式 統計関数

書式INTERCEPT(既知の y, 既知の x)

INTERCEPT関数の書式

INTERCEPT関数の使い方

INTERCEPT 関数を使って、 切片aを求めてみましょう。
下図では、月々の費用と売上が記載されています。
INTERCEPT関数の使い方
INTERCEPT 関数を使うには、直接数式バーに入力するか、 関数の挿入ボタンをクリックするか、 リボンの数式タブにある関数ライブラリボタンの統計関数からINTERCEPTを探します。
INTERCEPT関数の使い方2
関数の引数ダイアログが表示されたら、引数値に既知の y, 既知の xを指定します。
既知のyには従属変数を指定、既知のxには独立変数を指定してください。
INTERCEPT関数の使い方3
サンプルでは、既知のyには売上高を指定、既知のxには費用を指定しています。
INTERCEPT関数の使い方4
回帰曲線の回帰式は、y=a+bx において、x=0 のときのyの値(切片)を求めることができました。
INTERCEPT関数の使い方5
スポンサーリンク
スポンサーリンク