AVERAGEIF関数 指定した条件のデータの平均は

AVERAGEIF 関数は条件に合うデータの平均値を求める関数です。対象となるセル範囲に含まれるデータのうち、指定した条件に合致するセルの平均を求めます。 大量のデータを扱うデータベースのような表で、条件にあったセルの平均を求めたい場合に便利な関数です。
Excelバージョン:20132007
AVERAGEIF関数は、Excel2007で追加されました。

AVERAGEIF関数

AVERAGEIF関数の引数範囲は、必ず指定します。 条件に合うセルを検索するセル範囲を指定します。 (数値、または数値を含む名前、配列、セル参照) を指定します。
引数検索条件は、平均の対象を定義する条件を指定します。数値、式、セル参照、または文字列で指定します。
引数平均範囲は、平均する実際のセルを指定します。省略すると範囲が使用されます。

AVERAGEIF関数の書式 統計関数

書式AVERAGEIF(範囲, 検索条件, [平均範囲])

AVERAGEIF関数の書式

AVERAGEIF関数の使い方

AVERAGEIF 関数を使って、特定商品の平均売上を求めてみましょう。
AVERAGEIF関数の使い方
AVERAGEIF 関数を使うには、直接数式バーに入力するか、 関数の挿入ボタンをクリックするか、 リボンの数式タブにある関数ライブラリボタンの統計関数からAVERAGEIFを探します。
ここでは、 リボンのその他の関数にある、統計ボタンからAVERAGEIF関数を探します。
AVERAGEIF関数の使い方2
関数の引数ダイアログが表示されたら、 引数:範囲には条件に合致するセルを探す範囲をセル参照として指定します。

AVERAGEIF関数の使い方3
OKをクリックしてシートに戻ると、AVERAGEIFの数式が入力され、特定商品の平均売上高が表示されました。
ここで通常は数式をオートフィルでコピーしますが、引数である範囲が固定されているので、そのままコピーするわけには行きません。
AVERAGEIF関数の使い方4
範囲をF4キーで絶対参照に変更スル必要があります。
AVERAGEIF関数の使い方5
固定された参照範囲がずれないようにしてから、数式をコピーしましょう。
AVERAGEIF関数の使い方6
対象となる商品のうち指定した条件に合致するセルの売上平均が算出されました。
AVERAGEIF関数の使い方7
スポンサーリンク
スポンサーリンク