AVERAGE関数 統計関数

AVERAGE 関数は、複数の数値の平均を求める関数です。
Excelバージョン:ALL20132000

AVERAGE関数

AVERAGE 関数は対象となるデータの、数値データだけを求める関数です。引数には平均を求めたい数値、またはセル参照を指定します。
引数に指定できる数値の数は、Excel2007以降では 255個まで、Excel2003以前では30個までです。 AVERAGE関数は、数値のみの平均を求めます。空白セルや文字列は除外され計算に含まれません。
ポイント空白を含めたい時は、AVERAGEA関数で、空白文字列(半角スペースや全角スペース)を入れてください。文字列同様0とみなすのでABERAGEA関数が使えます。

AVERAGE関数の書式 統計関数

書式AVERAGE(数値 1, [数値 2], ...)

AVERAGE関数の書式

AVERAGE関数の使い方

AVERAGE 関数を使って、欠席者を除いたテストの平均点を求めてみましょう。
AVERAGE関数の使い方
AVERAGE 関数を使うには、オートSUMボタンから入力するのが早いですが、 直接数式バーに入力しても、または関数の挿入ボタンをクリックしても、 リボンの数式タブにある関数ライブラリボタンの統計関数からAVERAGEを探してもいいです。
AVERAGE関数の使い方7
ここでは、オートSUMボタンをクリックしました。 関数の挿入ダイアログが現れるので、関数の分類で統計を選択します。 そして関数名からAVERAGE関数を探します。
AVERAGE関数の使い方2
関数の引数ダイアログが表示されたら、引数数値1の欄にC2:C14のセル範囲をドラッグして指定します。
AVERAGE関数の使い方3
OKをクリックすると、シートに戻ります。
E2セルに数式=AVERAGE(C2:C14)と入力され、 欠席者を除いたテストの平均点が求められました。
AVERAGE関数の使い方4
小数点以下の桁数が多い場合は、ホームタブにある数値グループの 小数点以下の桁数を減らすボタンをクリックします。クリックした回数分の桁数が減ります。
AVERAGE関数の使い方5
スポンサーリンク
スポンサーリンク