CHISQ.DIST関数

CHISQ.DIST関数
CHISQ.DIST関数

リンクユニット


 CHISQ.DIST 関数 Excel2010で追加

CHISQ.DIST関数 統計関数

CHISQ.DIST (カイ・スクエアド・ディストリビューション)関数は、Excel2010で追加された、力イ二乗分布の値を求める関数です。 CHISQ.DIST関数を利用して、カイ二乗分布の確率密度関数および累積分布関数の分布表を作成することができます。
Excelバージョン:20132000

CHISQ.DIST関数

CHISQ.DIST 関数は、関数形式を指定することで、2種類の働きをします。確率密度関数の値は、FALSE、累積分布関数の値は、TRUEに指定します。

CHISQ.DIST関数の書式 統計関数

書式CHISQ.DIST(x,自由度,関数形式)

CHISQ.DIST関数の書式

CHISQ.DIST関数の使い方

CHISQ.DIST 関数を使って、カイ二乗分布の値を累積分布関数として求め、グラフ化してみましよう。
CHISQ.DIST関数の使い方
CHISQ.DIST 関数を使うには、直接数式バーに入力するか、 関数の挿入ボタンをクリックするか、 リボンの数式タブにある関数ライブラリボタンの統計関数からCHISQ.DISTを探します。
CHISQ.DIST関数の使い方2
関数の引数ダイアログが表示されたら、引数を入力します。
例では、引数XにA6、自由度はA3、関数形式はTRUEで累積分布関数の値にしました。
CHISQ.DIST関数の使い方3
OKをクリックしてシートに戻ると、=CHISQ.DIST(A6,A3,TRUE)と入力されています。 引数自由度のA3を絶対参照にしてから、オートフィルで必要な分の数式をコピーします。
CHISQ.DIST関数の使い方4
挿入タブからグラフを挿入。折れ線グラフにします。
CHISQ.DIST関数の使い方5
こちらは、自由度を2にした場合です。
CHISQ.DIST関数の使い方6
こちらは、自由度を3にした場合です。
CHISQ.DIST関数の使い方7
おすすめコンテンツ